最近の記事

2011年03月09日

2010年の民間人死者、タリバン政権崩壊後最悪に アフガニスタン


アフガニスタンで2010年に戦闘に巻き込まれて死亡した民間人は前年より15%多い2777人だったことが、国連アフガニスタン支援団とアフガニスタン独立人権委員会が9日発表した報告書で明らかになった。

タリバン政権崩壊後の年間の死者数としては最も多かった。2777人のうち75%が武装勢力の攻撃によるもので、外国の駐留軍やアフガニスタン国軍が原因の死者は16%だった。残りの9%は死亡した原因を特定できなかった。自爆攻撃や簡易爆発物で死亡したのは1141人、政府側の空爆の犠牲者は171人だった。

アフガニスタンでは前週にも東部で国際治安支援部隊による誤爆があり、少年9人が死亡したばかり。ISAFなどの軍事行動による民間人の犠牲者が後を絶たないことは、アフガニスタンで極めて扱いが難しい問題になっている。
posted by k at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2011年03月08日

カダフィ政権「欧米がリビア分断の陰謀」と非難


リビアのムーサ・クーサ対外連絡・国際協力書記(外相)はリビアの首都トリポリで会見し、欧米が「リビアを分断させる陰謀」を企てていると非難した。一方、米政府は、リビアの反体制派を支援すべきとの国内外からの圧力の高まりのなか、反乱勢力に武器を供与するのは時期尚早との姿勢を示している。
posted by k at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2011年03月07日

英政府「外交団」、リビア反体制派との接触に失敗


英国のウィリアム・ヘイグ外相は6日、リビアのベンガジで反体制派と接触を試みていた「英外交団」が、反体制派に拒絶されたことを受けてリビアを出国したとの声明を発表した。

ヘイグ外相は声明で、「少数の英外交団がベンガジにいたことを認める。外交団は反体制派と接触するためにリビア入りした。困難な局面にも遭遇したが、現在は無事解決され、リビアを去った」と述べた。

一方、ベンガジの反乱勢力の広報担当者、アブドル・ハフィズ・ゴカ氏は、「彼らのミッションがどのような性質のものだったのか我々は知らない。だが彼らとの協議を全面拒否した理由は、彼らの入国の仕方にある」と述べた。
posted by k at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

米政府、リビア軍事介入の作戦を検討か??


ニューヨークタイムズ紙が報じたところによると 米国防総省が陸海空の軍事作戦の準備を開始したとのこと。
posted by k at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2011年03月06日

カダフィ政権が主要都市奪還と主張、反体制派は否定 リビア情勢


リビアの国営テレビは6日、最高指導者ムアマル・カダフィ大佐に忠誠を誓う治安部隊が、複数の主要都市を奪還したと発表したが、反体制派は即座に否定した。
posted by k at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。