最近の記事

2011年03月09日

2010年の民間人死者、タリバン政権崩壊後最悪に アフガニスタン


アフガニスタンで2010年に戦闘に巻き込まれて死亡した民間人は前年より15%多い2777人だったことが、国連アフガニスタン支援団とアフガニスタン独立人権委員会が9日発表した報告書で明らかになった。

タリバン政権崩壊後の年間の死者数としては最も多かった。2777人のうち75%が武装勢力の攻撃によるもので、外国の駐留軍やアフガニスタン国軍が原因の死者は16%だった。残りの9%は死亡した原因を特定できなかった。自爆攻撃や簡易爆発物で死亡したのは1141人、政府側の空爆の犠牲者は171人だった。

アフガニスタンでは前週にも東部で国際治安支援部隊による誤爆があり、少年9人が死亡したばかり。ISAFなどの軍事行動による民間人の犠牲者が後を絶たないことは、アフガニスタンで極めて扱いが難しい問題になっている。
posted by k at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

BMIで「過体重」の人が最も死亡率低い!!


台湾では、肥満度指数(BMI)で「overweight(過体重)」と判定される男女の死亡率が最も低かったとの研究結果が、7日のカナダの医学誌「カナディアン・メディカル・アソシエーション・ジャーナル」に発表された。研究は10年間にわたり、台湾の男性約5万9000人、女性約6万6000人を対象に死亡率とBMIとの関連性を調べた。

大半の人のBMIは18〜35の範囲にある。米疾病対策センターはこのうち、25.0から25.9を「overweight(過体重)」、30.0以上を「Obese(肥満)」としている。

 論文によると「プロスペクティブ調査の結果、死の危険性が最も低かったのは、男女ともBMI24.0〜25.9のグループだった」という。BMIがこれより高くなっても低くなっても死亡率は上がり、台湾の成人のBMIと死亡率の関連性はU字型を示したと述べた。年齢や喫煙の有無、既存疾患の有無などで分析した場合も、同様の関連性が示されたという。
タグ:BMI 死亡率 研究
posted by k at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

2011年03月08日

ゲーツ米国防長官、アフガニスタンを電撃訪問


米国のロバート・ゲーツ国防長官は7日、2日間の日程でアフガニスタンを電撃訪問した。

同国東部では前週、北大西洋条約機構の軍用機が、まきを集めていた9歳のアフガニスタン人少年を空爆で死亡させるという事件があったが、ゲーツ国防長官はアフガニスタン入りした際、異例ながら公式に謝罪声明を発表した。

首都カブールの大統領官邸で、ハミド・カルザイ(Hamid Karzai)大統領と並んで記者会見したゲーツ長官は「この出来事はわたしたちの心を痛めた」と述べた。
posted by k at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

ペイリン氏の両親、「枕元に銃を置いて寝ています」

タグ:両親 枕元
posted by k at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit

カダフィ政権「欧米がリビア分断の陰謀」と非難


リビアのムーサ・クーサ対外連絡・国際協力書記(外相)はリビアの首都トリポリで会見し、欧米が「リビアを分断させる陰謀」を企てていると非難した。一方、米政府は、リビアの反体制派を支援すべきとの国内外からの圧力の高まりのなか、反乱勢力に武器を供与するのは時期尚早との姿勢を示している。
posted by k at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Edit
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。